ちゃおチャオブログ

日々の連続

猪瀬さん、早く辞めなさい!

イメージ 1
 
 
丁度1年前の今日、猪瀬が都民の圧倒的な支持を受けて知事に選任された。史上最高の得票数で選任された猪瀬は、都民の目にはフレッシュで、政治の垢にまみれていない、文人政治家と見えたからこそ、史上最大の票を集めたのだった。
その猪瀬があろうことか、都民の目の届かない所で、5000万円と言う途方もない大金を、過去いわくつきの徳洲会徳田虎雄氏から無担保、無利子で資金融通を受けていた、とのこと、明るみになって以来の猪瀬の不様な姿が毎日テレビ画面に大写しされている。
 
彼は文人であるから、「李下に冠を正さず」という言葉はとうに知っている筈である。これから都知事に選任されることがほぼ確定的になった選挙公示日の1日前、徳田から提供された5000万円がどういう趣旨のどういう意図のお金かは、一を聞いて十を知る彼であってみれば、当然分かっていた筈である。彼が記者会見、都議会、その他、あちこちで話している内容、それが選挙資金ではなく、個人的なものであれ何であれ、一個人から斯様な大金を提供されるという意図、意味は、猪瀬自身が充分分かっていた筈であるし、彼が幾ら否定しようが、都民は、その意図を見抜いている。
即ち、善意の献金ではない、ということを。
 
上記の事情を正直に話さない猪瀬は既に人間として失格であるし、都知事としての負託に負えない。都民の多くは1日も早い辞任を求めている。都知事が100条委員会の被告席に座らされる、ということに都民は耐えることはできないし、確か猪瀬自身、嘗てどこかで話していたと思うが、ノーブレスオブリージェ、の精神はどこへ捨て去ったか、全く下郎の醜態を見せている猪瀬には、辟易する。
 
もしも今回、徳洲会が選挙違反容疑で東京地検の捜査を受けなかったとすれば、猪瀬もこの5000万円については、頬かむり、表に出てこなかった。徳洲会及び猪瀬側のごく一部の人間しか知る処なく、勿論、都民も全く知らないことで、都民の知らない舞台裏で、猪瀬は知事在職中のみならず、生涯にわたり徳洲会から頸城を握られることになり、自由は束縛される。そうした事情を承知の上で、猪瀬が5000万円を預かったとすれば、もう既にこれは犯罪である。直ぐにも辞職し、洗いざらいを公にすべきだ。それが彼をこれ以上泥にまみれない為の彼に与えられた唯一の選択肢である。猪瀬なら、それが分かる筈だ。
 
 
イメージ 2