ちゃおチャオブログ

日々の連続

西国観音霊場巡り(5)関西空港へ到着。

機は一旦北上し、和歌山市内上空を飛ぶ。中央の緑地は和歌山城だ。

 

紀ノ川河口に出て、そのまま北上するかと思ったら、左に向きを変え、紀淡海峡を横断する。

 

この雑賀岬の辺りから海峡を横断する。前方に四国の山並みも見える。

 

四国山中は雲の中だ。以前剣山に登った時は山頂からこの海峡を見たが・・。

 

 

和歌山と四国分かつ紀淡海峡は本当に狭い。以前和歌山サイドから四国側を見たことも何回かあるが、四国の山並みは海の向こうの直ぐ先に横たわっていた。海峡の幅としては10キロもないだろう。紀伊山脈を横断し、田辺辺りに出た飛行機は、一旦は北上し、和歌山の紀ノ川河口付近まで上がって来たが、そのまま直接関西空港へ向かわずに左旋回しこの海峡を横断し、四国上空を飛ぶ。眼下に見える市街地は紀伊半島側の町ではなく、四国徳島のどこかの町だ。徳島市にも大きな川が流れているが、見た感じ、川幅は吉野川程の大きさは無く、市域も徳島市よりは小さいようだ。徳島の南、阿南市とか小松島のどこかだろう。

 

徳島空港は過去数回来ているが、このまま着陸態勢に入れば空港だが、機は高度を下げずに又右旋回し、海峡上に出る。無駄な飛行をすることにより、時間調整、或いは着陸待ちをしているのかも知れない。前回来た時も思ったが、眼下の海峡、即ち、茅渟の海は、本当に波も無く、穏やかだ。数年前台風がこの地方を襲い、アンカーを下ろして泉州沖に停泊していた貨物船が強風に煽られてドンドン流され、関西空港連絡橋に激突し、唯一の交通網が遮断された空港が半年近くも使用不能状態になったが、この穏やかな海がそれ程荒れ狂うとは、機上から眺めていて凡そ想像もできないことだ。それよりも前の10年程前、大さんと立川駅近くの居酒屋で、鰯の刺身を食べ、実に美味しかったが、マスターに聞くと、それは泉州沖の鰯とのことだった。泉州鰯の刺身を食べ、千宗室を想った。

 

前回は確か和歌山北の雑賀岬をそのまままっすぐ海岸線に沿って北上し、着陸したが、今日は反対の北側、それこそ千宗室の故郷、堺の上空で反転し、下降した。いずれにしても海の上にある空港だから、南北どちらの方向からでも自由に着陸できるのだ。1年ぶりの関西空港。前方の連絡橋の向こうに特徴的な泉空港タワーが見える。羽田の離陸が遅れ、着陸も20分程遅れてしまった。大阪天満で待ち合わせした稲さんを待たせなければ良いのだが・・。

 

ああ、眼下に街が見える。・・どこだろう・・。徳島市にしては川も狭いし、町域も小さい。

 

このまま徳島空港に着陸した方が早いようだ。

 

再び紀淡海峡に出る。前方は紀伊半島だ。雑賀岬か?

 

波静かな茅渟の海を北上する。前方は大阪だ。

 

10.6(木・小雨)衆参両院開催。岸田息子の総理秘書官! 朝鮮人は村八分? MLB終了。

 

昨日から急に寒くなった。昨日は薄曇りの小雨だったが、今日は朝からの小雨。気温が下がる。予報では11月下旬の温度とのこと。一昨日まで短パン、Tシャツでいたが、今日は流石に寒く、長パンツ、長そでを上に着る。昨日から鼻水も出て、止まらない。数十年花粉症になったことはないが、その花粉症並みの酷い鼻水だ。

 

昨日は陛下を迎えての衆院開催宣言。今日は午前中参院の中継、午後からは衆院の中継。昨日の衆院で積み残しになった維新、公明、国民等の代表質問。国民馬場氏、野党第一党を窺う勢いだ。立民と組んで、統一教会、カルト問題の法改正等を目指していく、との事。

昨日は青森田名部議員からの岸田長男の総理秘書官への質問があった。総理は臆面もなく、恥ずかしさも態度に出さずに、「適材適所の人事」だと言い切った。息子が今までどこで何をしてきたのか、一切言わずに、「適材適所」。全くいい言葉だ。多分今まで総理の見習い私設秘書をしていて、ここへ来て、ポッと、国家公務員の公設秘書、それも単なる議員秘書ではなく、副大臣政務官などは顎で采配できる総理秘書官だ。31歳のどこの馬の骨とは言わない、単に総理の長男に過ぎない若造?がだ。

 

日本も末とまでは言わない。この総理にかかったら国家が私物化される。先の国葬もそうだったが、自分の一存で国の大事をパっと決めてしまう。総理秘書官がどれ程重要で、国家の命運を左右しかねないポジションであるのか、彼は誰かに相談したのか? それとも、国葬同様に奥さんとか外野から言われて息子を秘書官にしたのか! 

トランプがホワイトハウスを私物化し、娘や息子、娘婿までも重要ポジションに着け、世界から顰蹙を買っていたが、その真似でもしたのか? 安倍氏が実の弟を防衛大臣に着けたのも、トランプの影響があったのかも知れないが、この岸田の息子を秘書官にする程の酷いものではなかった。これでは全く朝鮮の金王朝とそっくりだ。日本はいつからこんな縁故主義が蔓延った! しかもそれは民間会社の事ではなく、日本の政治の中枢、総理官邸で行われているのだ! 江戸時代、幕藩体制のバカ殿さまの時代に舞い戻ったようだ。情けなさを通り越した暗愚な総理殿。

2世3世議員が蔓延って、いよいよ沈滞化する日本の政治状況、野党もマスコミも声を大にして、こうした「適材適所」とは全くかけ離れた「身内贔屓」を糾弾しなければならない。国とは言えない、官邸とは言えない。

 

その朝鮮の金であるが、今日国連で昨日の日本上空ミサイル射撃の批難決議をしている最中、又、2発のミサイルを発射。これ見よがしの明らかな日本国、国際社会への反抗だ。岸田が何回批難、抗議しようが、国連で何回決議しようが、全く従わない。言葉が通じる相手ではない。日本や国際社会がこれ程バカにされた傍若無人な振る舞い。昔の日本だったら村八分で、国際社会も国連追放が可能ならそうしたいが、中国ロシアが反対する。何回決議を出しても従わない相手なら、国際社会も実力行使で従わさせなければならない。

日本に取っては拉致被害者が人質に取られ、棘のようなものだが、言葉や交渉で返還できる相手ではなく、もう交渉は諦めて、強硬策に出るべきだ。具体的な実力行使をしない限り、金の蛮行を止める手立てはない。その時に初めて拉致被害者が返還されるかも知れない。

 

MLB本日終了。大谷見事、ダブル規定、投手で160イニング、打者で500打席以上を達成。1903年リーグが始まって以来の大快挙。将来、この記録を破るものは大谷以外はいないだろう。

15勝34本塁打の大谷だが、片やヤンキースのジャッジ選手、61年ぶりのア・リーグ最高ホームラン62本を打ったが、残念ながら3冠王は逃した。さて、MVPの栄冠はどちらに輝くか。これから30人のスポーツライターの人気投票が始まる。

 

 

10.5(水・曇/小雨)「日本海」名称変更、政府自衛隊は米政府、米軍に強硬に抗議すべきだ。お粗末な警察捜査。

 

 

現在、自衛隊も参加し、日米韓合同での訓練が日本海で行われている。この国際的に認知されている日本海の名称が、米側太平洋軍軍事地図に今回から「東海」乃至「朝鮮半島の東に広がる海」との表記に代わり、今まで使用されていた「日本海」の名称が消えてしまった。確か、米軍では数年前にも同じような動きがあり、日本側の抗議によって元の日本海に戻された経緯があったが、今回は、自衛隊側が気が付かない内に、ゲリラ的に行われたのか? 

韓国は前々からこの「日本海」の名称が気に入らず、国際社会や米国へのロビー活動を活発に行ってきたが、今回は功を奏した。韓国内、乃至韓国軍内では快哉を叫んでいるだろう。

 

日本海は1000年以上も昔からこのように呼ばれ、国際的にも認知されてきた。朝鮮半島が中国の占領地から独立した遥か以前の昔から「日本海」と呼ばれて来た。半島の民族がこの名前のどこが気に入らないのか自分には理解できないが、こうした国際的に公認された名称を裏工作で変更しようとするずる賢い行動は許されない。

日本政府、自衛隊は即座に米国、米軍に抗議し、名称を元に戻すべく、最善を尽くすべきだ。名称が元に戻らないのなら、3か国軍事演習から離脱する位のことは主張してよい。事は日本の主権に係わる問題であり、こうした形で隣国からなし崩し的に国家主権が侵されてはならない。敗戦間際のドサクサに紛れ、竹島は韓国李承晩に掠め取れ、北方4島はソ連スターリンに掠め取られた。当時、李承晩は対馬も狙っていたし、スターリンは北海道にも食指を動かしていた。

 

周りをドロボー国家に囲まれている。日本固有領土ではあるが、ロシアとの漁業協定に基づき操業している日本漁船すらもロシア警備艇は銃撃、発砲する。大和堆は明らかな日本水域でり、ここで違法操業する朝鮮の漁船に対しては、当然に威嚇射撃を行い、追い払うできだ。竹島にしても日本固有の領土だから、海自の艦船を同行しての水産庁、海保の漁業調査、海底調査もすべきだ。竹島にある韓国違法建築物にたいしての放水位はすべきだろう。そうれもしない限り、韓国はハーグ等の国際的な協議の場には乗って来ない。

昨夜は総理と大統領が25分間の電話会談を行ったという。朝鮮のミサイルについての話だとは思うが、総理はその際、この日本海名称についても大統領に苦言を呈するべきだった。総理が何も言わなければ、米国、軍としては日本政府は了解したものと受け取る。総理は国家、国民の重大事を忘れてはならない。

 

1週間程前に流山の江戸川河川で行方不明になった小学女児が昨日、下流域の市川で発見された。自分はこのブログで、不明の翌日、女児は大雨で増水した川に流され、もう東京湾まで流されているだろう、との予測記事を書いた。素人が通常考える状況は増水した川べりで足を滑らせ、岸に戻ることもできず、流されてしまった、と言うことで、現実にその通りになった。

警察はこの1週間、多分迂遠な捜索をしていたのだろう。警察犬がどの程度の働きをしたのか知らないが、女児の匂いが川岸で途絶えたのなら、当然、川に流され、その周辺を捜索するのは当然のことだが、ずっと遠く、東京湾まで押し流されるということは考慮しなかったのか? 警察は少なくとも1日2回、水上ボートを走られ、2台のボートで川の両岸沿いに東京湾まで往復させるべきだった。ニュースで聞く限り、そうした捜査は行っていない。帽子が発見された取水口付近の水底とか茂みを集中的に捜索していたが、水死体は一旦沈んでも、直ぐに浮上する。人体には浮力があるからだ。 もしもボートを走らせていたら、遺体は何日も前に発見されただろう。この捜査を指揮した県警捜査官の能力の無さを改めて感じる。

 

同じような警察のお粗末さは、去年の山梨道志村の女児行方不明事件にも言えた。沢の上流には全く考慮せず、下流域だけを重点捜索した。死体はそんな処にはないのだから、何か月経っても発見できなかった。警察犬も役に立たなかった。捜査主任は固定観念を捨て、広い見地から捜索すべきだったが、それができなかった。大分の尾畑さんに教えを乞えば、1年も早くに見つかったに違いない。要は発想が 貧弱で プアなのだ。いずれにしてもお粗末な捜索だった。

 

 

10.4(火・晴れ)朝鮮ミサイルは上空で撃ち落とせ!

 

気の狂い方、気違い度合いはプーチンも朝鮮金も全く同じで、人間性を失っている。

一時はトランプに「Little Rocketman」と頭を押さえられて静かにしていたが、トランプがいなくなって、頭の重しがとれたかのように、後期高齢者のバイデンを極甘に見ているのか、最近の金はやりたい放題だ。

ここ数日、日本海に毎日何発ものミサイルを発射し、それでも満足しないのか、今日は日本列島を飛び越えて、太平洋まで撃ち込んだ。お陰で朝からJ-アラートが発動され、民放で約1時間近く、NHKも3時間以上も通常番組が中断された。国民の見たい番組も見れなくなってしまった。新幹線や市電なども運休になり、経済的損失も莫大だ。

 

ミサイル1発撃つのに、どれ程の金額がかかるのか、自分には分からない。しかし、素人見に見ても、1発数百万円の経費が費消されるとすれば、この間の経済的損失は数千万円、数億円にも及ぶだろう。これだけのお金があれば、どれ程国民を豊かにし、幸せにするのか、金には分かっていないし、分かろうとはしない。お金を無駄にドブ、いや、海上に捨てて、国をいよいよ貧しくさせ、国民を貧窮させる。国家の指導者としたらプーチン同様に最悪、最低だ。国がいよいよ貧しくなり、国際社会に救済を求めても、日本は金が居続ける限り、援助はできない。金がその座から追放された後に初めて手を差し伸べる。それ以外の選択肢はない。

 

朝早くから右往左往する日本政府。早速にもNSC、国家セキュリティー会議を開催したが、慌て過ぎだ。ウクライナを見ていれば、毎日ロシアから各地の町にミサイルが撃ち込まれ、毎日何人かが亡くなっている。鬼畜プーチン、鬼畜ロシアの蛮行に言葉を失くすが、そのウクライナの現状を見れば、ミサイル1発日本上空を飛んだ位で、日本のマスコミ、経済活動が数時間も中断されるのは、大袈裟過ぎる。日本通過前に自衛隊は飛行コース、軌道は計算できるのだから、国民を心配させるよりも、逆に国民を安心させるべきだ。朝8時過ぎには総理の1-2分の立ち会見もあったが、その時も、国民を安心させ、通常業務、日常に戻るべきだと、スピーチすべきだ。朝鮮のこんな脅しに、恐れてはならない。

 

それよりももっと重要なことは、日本上空を飛行することが分かった段階で、空中で撃ち落とすべきだった。日本の防空システムが強固なものであり、不審な飛翔体は日本上空を飛ばせない、との安心感を国民に与えるべきだった。今日のNSC会議の後、浜田防衛は、敢えて反撃を行わなかった、とのスピーチをしていたが、その理由も良く分からないし、説得性はない。こうした朝鮮の挑発、ちょっかいに付いては、断固反撃しなければならない。黙っていたらのぼせ上がらせるだけの事だ。

自衛隊に取っては、試し打ちの丁度良い機会だ。そこに実物の飛翔体があるのだから、邀撃の精度、自衛隊能力の内外への発信、等々、こんな良い機会はない。わざわざダミーのミサイルを撃ちあげなくても、朝鮮が提供してくれる。次回、このような蛮行が行われたら、自衛隊は即、撃ち落とすべきであり、NSCも共通認識とするべきである。

又、自衛隊のミサイル実験にしても、日本海の朝鮮に向かっての発射にすべきだ。朝鮮が発射したら、その数だけ、朝鮮に向かって発射したらよい。いつも日本が脅かされているばかりだが、これからは脅すことも必要だ。降りかかる火の粉は、自らの手で振り払わなければならない。

 

 

西国観音霊場巡り(4)紀伊山地を横断し、和歌山市上空へ。

横浜を過ぎると、眼下の雲が厚くなり、眺望が妨げられる。

 

次に見たのは雲の切れ目にどこかの山脈が見える。

 

ああ、紀伊山地のようだ。山間に沿った細長い町は高野山か?

 

ああ、山中の大きな集落だ。日置川上流の中辺路の辺りか・・。

 

 

横浜を過ぎると、機は雲の上に出て眼下の様子を見ることはできない。今日の空中展望は諦めるしかない。富士山も今日に限っては全く姿を見せてくれない。安定飛行30-40分足らずの間に本を取り出して読む気持ちにもなれない。しかも今回は巡拝する観音寺は京都市内に限られている。以前目を通しているので、改めて読むことも無いだろう。

 

機内サービスのコーヒーをゆっくり飲んで、今はどの辺りかと窓の下を見ると、途切れ途切れの雲間の下に、黒々とした山脈が見える。時間的には熊野山地に違いない。黒い山脈が波のように襞を打っている。その間に道路も見える。山中を切り開く道路、ここだけは直線的で、人工的だ。山の仲間の車で、この山中の大台ケ原に来たのは何年前か・・。若い頃は吉野からの奥駈けでこの山中を縦断し、熊野まで縦走することも夢見たが、いろいろ実現できなかった見果てぬ夢、この吉野奥駈けもその一つになっている。

 

僅かな時間で紀伊半島を横断し、紀ノ川上流に出る。去年この飛行ルートは高野山に参詣した際、同じく羽田から関空まで飛んだ時に通った。和歌山橋本辺りからずっと紀ノ川を下るようにして機は西行し、紀ノ川盆地の良い観察ができた。機の上からは橋の有無はよく見えないが、河口近くまで大きな橋はないようだった。有吉佐和子の「橋の無い川」などを思い出した。今日は川の真上ではなく、やや南側を飛行し、パっと河口上空にでて、早くも紀淡海峡が見える。もう既に和歌山市上空だ。

 

ああ、海へ出た。紀淡海峡だ。

 

大きな町だ。紀ノ川河口域、和歌山市だ。

 

ああ、紀ノ川河口だ。

 

和歌山公園も眼下に見える。

 

10.3(月・晴れ)株式、杞憂になればよいが・・。国会開催。

 

 

金曜日NYが3年ぶりの下落で、500ドルも下げ、29,000ドルを割り込んで東京に帰って来た。いよいよ冬の時代、金融冷えを予感させた。東証はスタート時、300円以上も下げ25,600円。そこを底に切り返し、あれやあれやプラスに転じ、最後は270円も上がって、26,200円を回復。驚き。中国も韓国も大きく下がっている中にあって、日本だけが独歩高だ。今日、国会開催で、政府筋のバックアップでもあったのか??? いずれにしても底割れしないでもらいたい。

 

その国会、陛下の開催の言葉を受け、今日から臨時国会。2時からのスタートで、総理初心演説、丁度15分で終わる。先日のプーチンウクライナ4州併合の演説は2時間も要したが、グダグダ、意味のない自己宣伝を延々と演説していたが、会場に居並んだメドジエーベフもショルグもラブロフも、あくびをかみ殺して、退屈そうに聞いていた。舞い上がっているのはプーチンだけで、段々、ヒトラーの末期の状況に近づいてきた。いずれ先は無い。

今日の国会初日、細田が力なく議事進行させたが、元気なのはプーチンと同じく岸田のみ。折角日本の代表が全国から集まって来ているのに、僅か15分での終了とは情けない。もうちょっと、目一杯働きなさいよ! 次の開催が明後日の野党質問。間に1日置くのは、丁々発止の議論を避けて、事前に質問要旨を野党から受け、それに沿った回答を準備するのに1日の間を置く必要があるからだ。マンガのような議論だ。即意当妙の議論など、今の日本には全く期待できない。英国の国会を真似した日本の国会を制度化したが、形だけ真似て、中身は空っぽだ。だからテレビ中継しても、見る人は少なく、政治が国民の中に浸透して行かない。昨日投票の品川区長などその良い例で、6人もの立候補があったのは、喜ばしいことだが、投票率35%で、これでも前回よりは3%も増えたが、法定得票数の2.8万票に届いた候補者はおらず、50日以内に再投票が行われることになった。

都知事、区長、市長選など、市民に最も身近な選挙ではあるが、これ程までに政治離れが進んでいる。政治家はもう国民、市民から関心も持たれなくなったのか・・。

 

 

10.2(日・晴れ)安倍暗殺なかりせば。

 

お彼岸を過ぎて、秋の好天が続く。湿気も無く、気持ちよい散歩が楽しめる。ここ2‐3日、お茶の間を楽しくしてくれた二人の人気者が相次いで鬼籍にはいる。三遊亭円楽アントニオ猪木。72歳と79歳。意志の強い前向き男も、プロの鉄人も癌には勝てなかった。ゆっくり休んで下さい。

 

さて、歴史にIFは無いのだが、もしも7月に安倍暗殺が無かったとすれば、今はどうなっているか? それを考えるのも楽しい。

1.先ず国葬はなかった。遊説中の改造銃による暗殺という衝撃的な事件にUpsetした岸田が、麻生を頭とする右寄り周辺に急かされ、国葬を決めた。もしも安倍が40年前の大平総理のように、遊説中に急死したのであれば、当然国葬にはならなかった。

 

2.国葬は本人も予想外で、結果、祖父を越えることができた。本人は岸の孫として、周囲からそうした目で見られ、心の中の対抗軸として祖父があった。祖父は国を二分する日米安保条約強行採決し、総理を辞任した。本人は祖父の業績を越えるべく努力したが、結果は結びつかなかった。小泉時代、蓮池さん他7名の拉致被害者を北から帰国させ、彼自身も残りの被害者全員の帰国を画策したが、全く出来なかった。

佐藤時代、沖縄が日本に返還され、結果、佐藤は日本人初のノーベル平和賞を受賞したが、安倍自身も同様に北方四島の返還を政権の眼目とした。しかし、プーチンの掌で躍らせれただけで、島は4島外の貝殻島水晶島の米粒のような無人島すらも戻って来なかった。

普通の人は、この時点で心が挫折するが、彼にはもう一つの記録が目前に控えていた。それは通算での総理在任期間であり、歴代最長の桂内閣をもう少し頑張れば越らえることだった。結局、8年8か月、政治的な業績は後世に残るものは無いとしても、歴代最長だけは後世に残る。これに掛け、桂を1日越えた翌日総理を辞任した。岸田が国葬に決めた理由の一つにこの最長を上げていたが、安倍としたら、全く望外のことだった。

 

3.統一教会問題は表面化せず、教会は更なる影響力を政治に及ぼし、信者からの搾取がより激しくなっていた。テレビも新聞も統一教会は全く取り上げられず、国民の知る処はなかった。世間に見えない水面下での結びつきで、統一教会との政治側キーマンは安倍であり、安倍自身がより強い繋がりを教会との間に構築し、日本の政治は教会の下請け機関になっていた。その中心の眼目は日韓海底トンネルであり、自身は表に出ずして、細田、岸田、萩生田等を走狗し、莫大な国費を投入することによって、韓半島、教会に莫大な利益をもたらすことにあった。日本の血税、日本人が貧しくなることなど、どうでも良い事だった。

もしも暗殺なかりせば、彼は第3次内閣を組閣し、このトンネル完成により後世に残るレガシーを考えていたかも知れない。結果、日本にペンペン草が生えようと、それは彼に取ってはどうでもよいことだった。

 

明日から始まる臨時国会。安倍暗殺なかりせば、岸田は相変わらずの顔色窺いで、教会と結託した安倍派の使い走り状態だったろうが、現実は、死んでもういない。恐れることはないのだが、小心の岸田では、思い切ったこともできないか・・。