ちゃおチャオブログ

日々の連続

2.5(日・晴れ)山さん、Inaさんと西荻中華で。

 

 

Inaさんが急に東京に来ることになり、時間の有り余っている暇人の当方と山さんの3人で西荻で待ち合わせ。駅近くの中華に行く。山さんも電話では今すぐにも死にそうなことを言っているが、会ってみるとそれ程耄碌はしていない。4本爪のシルバーケーンを杖にして、ボチボチ歩く。杖がるだけで、以前と変わらない歩き方。この状態では後2年、80の大台に乗るのは間違いないだろう。山さんよりも先にこちらがくたばるかも知れない。

中華は上海料理で美味しく、花彫の紹興酒も美味しい。電話では酒も止めたようなことを言っていた山さん、手酌でグイグイ飲む。飲みっぷりは見事だ。食べる方も以前の元気さが戻って来たように、食欲旺盛。2皿3皿ではとても足りず、追加を促される。

歩行の具合が今一つで、それを除けば、以前の元気さ、旺盛さが戻ってきたようだ。ただ話の中身は相変わらず半世紀も前の昔の職場の愚痴に終始し、もう過去何回も聞かされている当方にはウンザリする。ストップをかけても止まらない。全く職業を間違えて生まれてきたような男で、身体は弱っても口は達者だ。いつも思うのだが、漫才師か浪曲師にでもなっていたら、大成していただろう。

紹興酒2本を開け、昼間の2時間の歓談は楽しく終了した。言いたいことをい言った山さんもこれで又何年か長生きできるだろう。可哀そうな男で、周りはみんな離れて行って、気を許して話せる相手は我々二人だけ位だろう。まあ、死んで行くのに、余分な荷物はいらないか・・。

その後、山さんと別れ、駅ホーム下のサイゼリヤに寄って、赤白ワインのデカンタを飲んで、今日の半日を終わる。自分も酒が大分弱くなったようだ。

 



2.4(土・晴れ)立春の野川のセツブンソウ。24歳、不運な女性。

 

 

立春の今日は天気も良く、暖かい。午前中確定申告の書類整理をし、午後野川へ。午後の早い時間なのか、人出も多い。今日も矢張りまだマスク派が多数だ。公園では必要ないと、政府が折に触れてPRしていても、一度習慣化された日本人には中々マスクフリーとは行かないようだ。5月の連休まで待たなければならないか・・。

野川のセツブンソウ、1週間前には花芽も見えなかったが、今日は沢山咲いている。セツブンソウ目当てに何人かの花見客も訪れている。花が小さいので、倍率の大きな拡大鏡まで持ってきている。本当に花は正直だ。昨日が節分で、それに合わせたように花開く。

近くでは犬ふぐりも真っ青な花を咲かせ、野川には白鷺が舞ってきている。その隣ではカラスが鷺を追いかけて、目こぼしの餌を狙っている。平和な立春の公園だ。

 

昨日、府中の繁華街のホテルの一室で、24歳の若い女性が死体で発見された。夜男性と一緒にチェックインし、連れの男性は先に帰り、深夜のチェックアウト時になっても女性が出てこず、警察に通報し、警察官が部屋に入った処、中で女性が殺されていた。連れの男は市内を歩いている処を警察に殺人の容疑で逮捕された。女生とは30も年の離れた54歳の男だった。

新聞テレビではこれだけしか報道されていないが、状況から想像するに、ホテルは連れ込みで、女性は多分売春婦で、室内で何等かの行き違いが生じて、殺害された。24歳で小さな子供がいるかどうかも分からない。想像できるのは生活難で、明日の飲食を得る為に自分の身体を売っていた。もしも小さな子供がいるとすれば、不幸の極みだ。

子供がいないとしても、僅か24歳で命を絶たれた女性の運命は不運だ。社会が救済すべきだが、半世紀前の日本だったらそうした家族兄弟皆で助け合う風潮もあったが、今の日本にはそれが失われてしまった。2年前、渋谷のバス停のベンチで寝ていた60代の女性が近くの酒屋の息子に殴りころされたが、ポケットには数百円しか入っていなかった。郷里の広島には兄弟もいたが、助けを求めなかった。無縁社会は隣近所だけでなく、身内の中にも入り込んできている。お金が絶対価値で、お金がない人は、無縁社会に放り込まれる。何とかしなければ、この日本。誰か、ヒーロー、政治家は出てこないか・・

 

 

 

2.3(金・曇り)節分。豆撒き、恵方巻。

 

 

明日は立春。冬の最後の今日は節分。豆撒きの日だ。豆を撒いて鬼を追い出す、追儺の日。今年の恵方は南南東。稀人、歳神様は南南東からやってくる。何年か前、この日に深大寺まで行き、設営された舞台の上から沢山の豆を投げてもらった。舞台の上の芸能人は有名人ではなく、もう名前は忘れてしまったが、恰幅の良いお寺の貫主が威勢よく投げてくれた。

子供が生まれる前から豆撒きはやっていて、子供が独立し、家を出てからもやっていて、妻が死に今は一人になってもやっている。豆撒きをすれば福が家にやってくるようだ。それに、炒った大豆の福豆も美味しい。店でも、福豆はこの時期にしか売っていない。

恵方巻を食べる様になったのは、大分後からだ。20年程前辺りか・・。関東、東京では以前は恵方巻など食べなかったが、コマーシャリズムの宣伝に乗せられて、この日に食べる様になった。豆撒きと同じように、何か福がやってくるようにそれとなく感ずる。気持ちの問題だ。福がやってくると思えば、本当にやってくるだろう。

 

さて、明日からは本当の春。天気が良ければ野川に節分草を見に行こう。1週間前は全く芽もだしていなかったが、春の草花の成長は早い。あっという間に花を咲かせる。

 

 

2.2(火・晴れ)何のための殺人か・・。

 

去年の暮、都立大学教授の宮台真司が、大学キャンパスで何者かに後ろからナイフで切られ、重傷を負ったが、その殺人未遂犯の男が昨日相模原市内の自宅アパートで自殺体で警察官に発見された。自殺は犯行から2週間後位の去年の年末だったようだ。

40を越えた無職男。普段から閉じ籠り、引きこもりをしていたようだ。宮崎との人的接点はないと言われる。唯一あるとすれば自宅と八王子キャンパスがそれ程遠くなく、自転車で往復できる位の距離にある、ということだ。

警察からは名前も公表されていないし、週刊誌、情報番組の追っかけもなく、40過ぎの無職男としか分かっていないが、この歳からすれば親兄弟がいても不思議でない。遺書はあったようだが、襲撃の動機は書かれていなかった。自転車に乗っている姿がテレビに何回となく放映されていたが、近隣、関係者からの情報提供はなかった。警察は映像から自転車を割り出し、販売店を特定し、本人に結びついたようだが、時既に遅し、アパートへ行った時には本人は既に死んでいた。

長い間の引きこもり生活で、周囲との関係も断ち、ひっそりと生活していたのだろう。既に生きる屍、本人自身も生きる意味を見失っていたに違いない。だとすれば、自ら命を絶てばよいものを、どうして第三者の生命を巻き込もうとしたのか・・。何か事件を犯すことによって、今までのくすんだ真っ黒の数十年の人生を、最後にパッと明るく燃え立たせたかったのか・・。

 

同種の事件は時々発生する。先日の飯能の米国人家族3人殺害事件の犯人も40代の無職男だった。今の処この殺人犯と被害者家族との接点は、家が近いだけで、他には殊更見当たらない。この3人を殺さなければならないとの動機は全く無い。家が近い事を除けば、行きずりの無差別殺人だ。この男は相模原の男と違って、自宅で潜んでいる処を警察官に発見され、緊急逮捕されたが、これがもしも相模原同様に犯人の特定や逮捕が遅れていたら、その間にこの男も自殺していたかも知れない。

これからこの男の裁判が始まる。精神科医の鑑定も行われるだろう。日本の精神科医の能力のなさは、同じような巣篭りの無差別殺人事件が過去何回も発生しているのも拘わらず、事件の背景を解明できないことだ。犯罪者の精神が正しく分析されていない。問題の根源が分からなければ、第2第3の犯罪を防止しようもなく、指導、教導するすべもない。

テレビは連日フィリピンの入管施設に収容されている凶悪犯罪集団を長い時間かけて報道しているが、連中は金に目が眩んだゴミのような人間だ。こんな連中の一挙手一投足を詳細に報道する位なら、少しはこうした普段の生活の中で、突然に狂気に走る相模原や飯能の人物像、家族関係、生い立ち、日常生活等を追いかけ、オープンにし、犯罪の防止に役立ててもらいたいものである。

 

 

 

西国観音霊場巡り(37)あべのハルカスから広大な大阪平野を眺め、次に四天王寺に向かう。

高さ300mからの大大阪の展望は雄大だ。

 

遠く、京都の方まで見えそうだ。

 

六甲、箕面、生駒の大坂を取り巻く山々も見える。

 

大阪の展望タワーは何と言っても通天閣だ。ごちゃごちゃした下町の正面にドンと立っている。大学生の頃、名張出身の級友、米沢君の案内で一度の昇ったことがあった。当時は展望タワーは全国的にも少なく、出来ていたのは東京以外には名古屋と札幌とこの通天閣位ではなかったか。自分としても展望タワーに昇るのは、東京タワーの次の2番目のタワーだった。

展望台の高さは100m程もないもので、当時、東京には霞が関ビルとか高層ビルがポチポチ建ち始め、100mに満たない高さではビックリする程のものではなかった。ただ周囲に高いビルも無く、視界はかなり開けていた。その後建設されたBPO(ビジネスパーク大阪)の高層ビルや、梅田中之島の高層ビルもなく、だだっ広い平坦な町のイメージしか無かった。直ぐ下が大阪南の繁華街で、賑やかな店や人通りに囲まれていた。以前大阪に来た時に、もう一度昇って見ようと思っていたが、機会がなく、二度昇りは果たせなかった。

その通天閣大阪城公園を探してみたが、見つからなかった。300mの高度からでは通天閣は小さすぎて見えないのかも知れない。大阪城も大きい筈だが、市街地が広大過ぎて、どこか分からなかった。直ぐに分かったのは大阪湾、夢洲で、海の中に一つだけ高層ビルがポツンと建っていた。大分前になるがまだUBSが出来る前、僅か5m程の日本一小さな山天保山までやって来て、その山の上から当時ガラガラのこのビル大阪貿易センタービルを眺めたが、東京の向こうを張って、大阪も随分大きなガラガラ箱物を造ったものだと内心バカにしたが、大阪府政もその後橋下、松井、吉村と歴代維新の辣腕府知事によって見違えるように再生し、今やこのビルも満床になっているようだ。途中立ち消えになった大阪カジノがどの辺りに出来る予定だったかは湾を見ても分からないが、2年後に控える大阪万博はこの夢洲を中心に各パビリオンが建設され、大きなクレーンなどもかすかに見える。2年後、まだ元気だったら、見に来たいものだ。さて、展望フロアーを一周した。こっれから眼下に見える四天王寺に行くことにしよう。

 

300mの高さは、上海の東方明珠タワー展望台と同じくらいの高さだ。

 

大阪湾も見える。2年後にはここで万博が開かれる。出来たら来てみたい。

 

大阪も高層ビルが多く、繁栄した大都市だ。さて、次にこの下の四天王寺へ行こう。

 

2.1(水・晴れ)日本人のDNA.

 

 

今日から2月。2月は28日しかなく、昔から、「逃げる月」、と言われている。1月がボチボチ過ぎて行ったが、2月はあっという間に過ぎるだろう。明後日はもう節分だ。最近、近所では豆撒きなどする家庭が少なくなってきているが、悪鬼を追い出し、福を呼ぶためにも、明後日は盛大に豆を撒こう。土鳩も楽しみにしている。

 

昨日から糖質フリーの食事に心がけるようにしたが、どうも上手く行かない。夜食はご飯を少なめにしたが、夜は寝るだけだから、腹が空くこともない。問題は昼間で、食パン2枚ではどうも途中でお腹が空いて、午後の間食が多くなる。何やかやと摘まんでしまう。これが我慢できれば一流だが、どうもそれができない。

日本人のDNA,、弥生時代と共に日本人はコメと共に生活をしている。もう2000年も日本人のDNAの中に組み込まれている。コメから出来るお酒にしてもそうだ。酒と日本人は切っても切れない。

荒木式食事法は対高血圧療法としては重要なポイントの指摘であり、これが実践できれば、実際、高血圧からは解放されるだろう。問題は、日本人の生活様式、食文化の中に深く組み込まれている農作物の全面的遮断が可能かどうかだ。

自分はもう70後半。先行も短い。まだ50代だったら、頑張りようもあるが、今更苦労し、却ってストレスが溜まったら、元も子もない。

塩に減塩、塩分を減らしましょう、があるように、糖分にもそれがあっても良い。減糖、糖分接種を極力減らしましょう、でやって行くしかない。

今日は減圧剤の服用を止めた。今の処数値に異常は問題は明日だ。明日も今日程度の数値なら又止めよう。急に上がることもないだろう。

 

 

1.31(火・晴れ)困った! 糖質ゼロ生活。

 

 

今日で1月が終わる。今年の1月は何か例年よりも長く感じた。途中、月の真ん中に3泊4日の宮古島旅行があったからかも知れない。いずれにしても今年は12分の1が過ぎ去って行った。来週は節分で、節分天井彼岸底、との株式格言があるが、節分まで1週間を切っても、市場は冴えない。今日の東証、106円安の27,327円で終了。3万円まで引き上げる勢いは全く感じられない。朝から続く国会論議も、経済浮上の処方箋はどこからも出ていない。出てきているのは、インフレに勝る賃金値上げの話だけだ。30年間下がり続けた日本の賃金、黒田は来月3月10日には日銀総裁を退くが、10年間大盤振る舞いをしても、結局、高収入、2%インフレ、好循環は全く実現できなかった。10年間でやったことと言ったら、大量の国債発行と自己買い入れで、全くたこ足金融しかできなかった。自分のやり方が間違っていたとは最後まで気が付かなかった。おめでたい人で、後を継ぐ人が大変だ。

 

去年暮れから駅前のクリニックに痛飲し、高血圧の投薬治療を受けているが、巷で良く言われることは一度飲み始めると、生涯止められないと。このクリニックの先生は寡黙で、普段話もしない。高血圧は一種の生活習慣病だから、日々の生活指導とか注意点位教えてくれても良いものを、そうした指導とか服薬上の注意点など、全く言ってくれない。

そこで高血圧とはどんなものか、自身でネットで検索していたら、薬を止められる方法がネットに出ていた。岡山嵩高クリニック院長の荒木裕医師で、京大を出て米国の大学病院でも勤務経験があるようだ。無料で3回に分けて動画を配信してくれるとのことである。

早速3回分の動画を見た処、従来の指導法は間違いで、要は糖質を制限すること。農作物、果物等には糖分が多く含まれているので、それ等の接種を控えること、と出ていた。糖分を摂り過ぎると、身体を酸性化させ、余った糖分はコラーゲンの組織の中に入り込み、コラーゲンの機能を硬直化させ、動脈硬化に結びつくから、とのことである。

動脈硬化が即ち高血圧の主原因で、従って、糖分接種を控えることにより、コラーゲンの老化を遅らせ、高血圧の予防になるとのことである。

・・・困った・・、お米とかパン、ウドンなどの炭水化物には多く糖質が含まれている。日本酒なども大敵だ。果物にも果糖が沢山含まれている。糖質類を避けたら、味もそっけもない日々の生活になる。

だが、今すぐとは言わないまでも徐々に減らして行こう。ご飯は湾分ほどに、お酒は少なくしてワインとか焼酎へ。ヨーグルトも糖質ゼロに。果物から魚、肉食に変えて行こう。煎餅、お菓子チョコなどの間食も控えなければ・・。この歳になってから食事療法もないが、いつまで生きられるか知らないが、極力医者に掛からない身体づくりを心がけよう。今日から糖質ゼロの生活への第一歩だ。