ちゃおチャオブログ

日々の連続

函館の三日間(8)青函連絡船の思い出。

函館市内の幼稚園児が課外勉強でやってきた。

f:id:commodore:20220118183647j:plain

 

皆可愛い盛りの児童達だ。

f:id:commodore:20220118183723j:plain

 

こんな小さな子供でも魚の名前を良く知っていて、それぞれが言い当てていた。

f:id:commodore:20220118183801j:plain

 

海鮮市場の前の海を見に行く。

f:id:commodore:20220118183916j:plain

 

函館駅前朝市マーケットの前を小さな幼稚園児20-30人が、先生に引率され通って行く。子供らしくぺちゃくちゃ仲良くしゃべりながら歩き、皆水槽の前で立ち止まる。皆がそれぞれ泳いでいる魚を見ては、知っている名前を言い合っている。流石海に近い町で育った子供たち。魚の名前に関しては、並みの大人以上に知っている様だ。こんな小さい内から園で習ったのか、家庭でも日常的に魚料理が作られるのか・・、自分には分からないが、ピーチクパーチク可愛い盛りだ。自分にも同じ年頃の孫がいて、より一層、可愛さが募った。

 

この海鮮市場の前が海になっていて、今は就航されていない青函連絡船が係留されている。青函連絡船には嘗て一度も乗船したことはない。だが、この連絡船には深い思い出がある。新婚当初、業務で札幌支店に来て、札幌に5日間滞在し、その業務が終わった後の二日間休暇を取って妻と待ち合わせたのが、この青函連絡船の着岸埠頭だった。まだ新婚3か月で、妻とはこの機会を利用して、第2の北海道新婚旅行をしようとの計画だ。自分は北海道は遠いので飛行機で来るようにと言ったのだが、妻が青函連絡船にどうしても乗りたいとの希望があり、ここ函館港、連絡船の着岸埠頭で妻を出迎えることにした。自分は札幌でレンタカーを借りてこのここまで走らせ、妻や遅しと待っていた。

 

遠方の洋上に大きな船体が見え、船体を左右に揺らすように、滑るようにして埠頭に近づき、ガラガラと大きなアンカー音を辺りに響かせ、船は着岸した。当時はまだ東北新幹線が開通する前のことで、上野から寝台夜行を乗り継いで、青森港で連絡船に乗り、凡そ20時間以上を掛けてやってきた妻は、ほとほと疲れた感じの足取りで船を降り、埠頭から函館駅に直通している線路の横をよろめくようにやってきた。ほぼ1週間ぶりに見る妻に心底愛おしさを感じた。その時に乗って来たのは確か十和田丸で、船内の乗客を降ろした後、積んできた客車は順繰りに船内から吐きだされ、函館駅まで動いて行った。映画やテレビなどで見る映像がそこで展開していた。石川さゆりの「津軽海峡冬景色」がヒットしたのは、この少し後のことだった。

 

今前方の岸壁に連絡船「摩周湖」が係留されている。以前はあったそこから延びる駅までの線路は取り払われ、軌道敷は今はコンクリートの平地になっている。連絡船の事を知らない人が見たら、昔はここに線路があったことなど、全く思いも浮かばないだろう。駅も変われば埠頭も変わった。今からもう半世紀近く前の話で、愛おしい妻も黄泉に旅たち、既に3年経った。目の前の連絡船「摩周湖」に乗船しようか迷ったが止めておいた。

 

ああ、青函連絡船が係留されている。

f:id:commodore:20220118184032j:plain

 

連絡船「摩周丸」だ。連絡船には懐かしい思い出がある。

f:id:commodore:20220118184119j:plain

 

函館の海。半世紀前とは様変わりの埠頭だ。

f:id:commodore:20220118184215j:plain

 

遠方に函館山も見える。

f:id:commodore:20220118184248j:plain

 

1.18(火・晴風)103年ぶりの現実味。ジョコビッチの潔さ。感染者過去最大。

f:id:commodore:20220118183303j:plain

 

大相撲10日目の今日、無敗でトップを走っていた御嶽海がホクト富士に破れ1敗となる。横綱照ノ富士、中日に同郷の38歳、最年長の玉鷲に敗れ1敗を喫したが、これで1敗同士が並んだ。残り5日、賜杯はこの二人に絞られてきた。明日からの5日間、御嶽海が崩れなければ2強対決になるが、御嶽海の場合は最後までキープできるかどうかは予断できない。一方の照ノ富士、欠ける所ナシ、の状態。今の幕内で、彼を正面から倒せる力士はいないだろう。95%の確率で優勝しrだろう。横綱になって3場所連続の優勝は103年ぶりの出来事だ。いよいよ現実味が増して来た。

先場所引退した白鵬は、数々の記録を塗り変え、双葉山を越えて、新記録を打ち立ててきたが、照ノ富士はその白鵬の大記録をひょっとして更新するかも知れない。少なくとも103年ぶりの記録に並ぶのはほぼ確実だし、来場所も優勝し、4場所連続の新記録を打ち立てる可能性も大だ。日本の伝統相撲がどんどんモンゴル力士に浸食されてきた。

 

昨日から全豪オープンが開始されたが、その前日、優勝候補のジョコは豪州を離れ、母国のセルビアに戻った。すったもんだの末の決着で、ジョコは潔く法律に従う姿勢を示した。セルビアの首相、大統領は轟々の非難を豪州に対し発し、悪態も付いてはいたが、ジョコは静かに豪州を立って行った。そもそも豪州政府がビザを発行したのだから、メルボルンまでやって来たのであって、途中で法律が変わり、ワクチン無接種者の外国人は入国できないことになった。ジョコに取っては全豪オープン4連覇と前人未到の4大大会21勝が掛かっていたが、試合をすることも出来ず、残念だったに地はいないが、淡々と「豪州の法律に従う」とだけ述べ、去っていった。見事な英雄だ。

 

オミクロンが全国で猛威を振るい、今日の東京、大阪では過去最大の5000人を超え、全国でも3万2000人を超えた。過去の最多は去年8月の2万6000人。容易に感染し、この先もうなぎ上りに増えて行き、近々10万人には達するだろう。最大がどの程度か分からないが、30万、50万は序の口になるかも知れない。ただ数だけで踊らされてはならない。このオミは弱毒性は明らかだ。

 

f:id:commodore:20220118183338j:plain

 

 

1.17(月・晴れ)コロナワクチン、ブースター接種予約。

f:id:commodore:20220117183915j:plain

 

厚生労働省のお達しにより、今日全国市区町村がコロナワクチン3回目のブースター接種のネット予約が一斉に開始された。最短で明後日の木曜日。開始時刻は9時で、今日は久しぶりに朝食を8時半には食べ終わり、パソコンを立ち上げ、9時10分前にはV-Yoyaku-koganeiを立ち上げた。ぎりぎり9時になるまでは画面は昨日と同じ医療機関名が4カ所出ていたが、9時になって、2か所の集団接種会場が画面に出てきた。緑センターと保険センター。去年受けた緑センターを調べた処、一番早くて来月から。改めて市の保健センターをチェックした処、明後日の枠がある。早速2コマ目、10時45分に枠に予約を入れた。

今回のワクチンは以前受けたファイザーではなく、モデルナとのことで、自分では薬は選べない。モデルナはファイザーよりは効果が劣ると言われているが、やむを得ない。沖縄行が21日だから、ぎりぎり2日前に間に合った。ただ、ワクチンの効果は大体5-6日後からと言われているので、2日前に接種しても、旅行中は余り効果はないのかも知れない。それでも、何もないよりはマシ。雀の涙ほどでも効果があれば、喜ばしい。

その後、ネットでの予約状況を見ると、2時間後の11時現在では、もう既に19日の枠は全て満杯になっていて、翌日の20日の枠しかない。今内の追加接種は65歳以上の人優先で、小金井に65歳以上の人が何人住んでいるのかは自分は知らないが、3割としても約4万人が受けることになる。パソコンを使える人は、皆一斉にネット予約に走ったとすれば、枠は直ぐにも埋まるだろう。ちなみに午後2時の時点でも枠を見たら、19日、20日分は全て埋まっていて、次の週の日程になっていた。

オミクロンに対してはワクチンの効果に疑問符が付けられているが、まあそれでも旅行の2日前にブースターが受けらることになり、自分としては納得だ。感染しにことを願う次第だ。

 

f:id:commodore:20220117183938j:plain

 

函館の三日間(7)函館駅前の朝市マーケット。

函館市街の案内図。大きな半島の先端にある。

f:id:commodore:20220116183653j:plain

 

駅の隣にある朝市マーケットを見に行く。ここも駅同様に大きく変わっていた。見違えるほどに綺麗になっている。

f:id:commodore:20220116183738j:plain

 

中の鮮魚店、コロナで客足が途絶え、呼び込みの声だけが大きく響いている。

f:id:commodore:20220116183811j:plain

 

凄い数の海産物店だ。近江市場の比ではない。

f:id:commodore:20220116183849j:plain

 

前回自分がこの町にやって来たのが20年前かどうかは正確には覚えていない。当時は仕事でやってきて、自分が働き盛りの頃だったので、20年前と考えただけのことで、或いは15年前だったのか、25年前だったのは正確ではない。いずれにしても最後にこの町に来た後で、この函館駅周辺の景観は大きく変わった。前回の訪問では鉄道を利用しなかったので、駅の記憶はあいまいだったが、駅前の海鮮市場、駅前朝市マーケットを見て、ここが以前とは大きく変わっていることに気が付いた。前回この朝市に買い物にきたのだが、マーケット自体が当時の3倍程に広がっていて、実際、市場らしく各小売店は大きな建物の中に納まっていた。丁度それは金沢の近江市場のような感じで、以前のバラバラな感じはどこにもなかった。近代的な海鮮市場の様相だ。

 

中に足を入れると、あちこちから声がかかってくる。このコロナ禍で客も少なく、数少ない一人の客の呼び込みだ。今土産品を買う予定はないので、呼び込みを無視して中に進んで行く。流石に北の海の宝庫。大きなタラバカニが何百尾も水槽の中で手足を動かしている。そうした海産店がずらっと並んでいる。コロナさえ無ければ内地からやって来た観光客で、飛ぶように売れるのだろうが、限られた客足の中で、売り上げはサッパリだろう。今年は不漁なのか、値札を見ると目も飛び出るほどの高額だ。十数年前、100名山登山で道東を回った時、根室の花咲港で、岸壁に面して何店かの鮮魚店があったが、そこで売られていた花咲ガニ、毛ガニ、タラバ、ズワイ等々の如何に値段が安かったことかを思い出す。隣近所を含め、結構な土産を買って帰京した。

 

海老もカニもウニも水槽で生きたまま売られているので、生きは良い筈だ。明日時間があったらもう一度ここへ来て、何か海産物を孫の所に送ってやろう。海の物は余り食べさせていないと思うので、珍しがられるだろう。店舗の品ぞろい、値段等を眺めていると、マーケットの外を小さな幼稚園児が並んで歩いている。秋の好天、課外勉強でやってきたのだろう。孫を連想し、列を見に行くことにした。

 

これだけの大量の海産物。コロナで客足が途絶え、各地のレストランが閉業し、鮮魚店も大変だ。

f:id:commodore:20220116184120j:plain

 

 

沢山のカニが生きたまま売られている。

f:id:commodore:20220116184627j:plain

 

 

明日もう一度やってきて、何かを買ってやろう。

f:id:commodore:20220116184153j:plain

 

ああ、外を幼稚園児が歩いている。様子を見に行こう。

f:id:commodore:20220116184249j:plain

 

1.16(日・晴れ)トンガの海中噴火。

f:id:commodore:20220116183224j:plain

 

南太平洋、ミクロネシアポリネシアは火山で出来た島だ。火山脈がずっと北上し、あのハワイ諸島まで作り上げた。ハワイのキラウエアでは今も火を噴き上げていて、つい最近も溶岩が地元の集落を襲った。日本でも鳥島の端にある西ノ島は火山によって誕生した島で、その島の面積分、日本の領土、領海が増えた。

これ等の南方諸島での水中火山の噴火は珍しいものではないが、今日のトンガの噴火は特別に大きい。水中から噴き出た噴煙は周囲300キロに及び、北海道と同じ広さになった。この水中噴火で津波も発生した。津波は通常地震によって発生するものだが、今回の噴火は地震並みに巨大で、津波を発生させ、トンガの町は津波で水没した。その波は日本にまでやってきて、室戸では漁船の転覆、水没も数隻でた。室戸には毎年古里納税しているが、小さな町で、こうした突然の被災は大変だろう。小さな町なのに、四国霊場が3か所もあり、内1カ所の最御崎寺空海が若い頃修業した場所で、そのミクロドは今でも残されている。町の中に津照寺という霊場があって、そのすぐ前は漁港になっていて、ここがやられたのかも知れない。土佐日記を書いた紀貫之は、遠島になってここ土佐に島流しになったが、京都への帰り、海が荒れて、この室戸で何日も足止めを食った。彼も又、室戸で滞在していた間に津照寺最御崎寺などを参拝しただろう。

水中火山で津波が発生するとは気象庁も想定していなかったようだが、被害は高潮程度で終わり、漁船の被害はあったが、人の犠牲は無く無事に終わって、助かった。トンガ王国保護国ニュージーランドで、国も総理もしっかりしているから、復旧もつつがなく進むであろう。

 

昨夜は飲み過ぎたが、天気も良く、少し野川を歩く。先日は見なかったふぐりが今日は少し咲いていた。来週は節分だが、節分草はまだまったく葉も出していない。

 

f:id:commodore:20220116183258j:plain

 

1.15(土・晴れ曇り)度し難い狂った男ども。

f:id:commodore:20220115184857j:plain

 

昨日はこのブログで北の度し難い狂った行動を非難したが、この日本でも北と同じような頭が左巻きの狂った人間がいる。去年のクリスマス前の大坂クリニック放火犯は頭の回路が完全に狂っていた。事件の3か月も前から犯行場所をこのクリニックに定め、事前に下見をし、何時の曜日のいつの時間が一番多くの通院者が集まるか、いつ犯行を行ったら、より多くの人間を殺せるか、丹念にスマホアプリに記録していて、この日に定めた。本人自身もこのクリニックの患者ではあったが、院長との間には何らトラブルは無かったと言われる。もう完全に殺人マシーンになっていて、身体や話す言葉は人間だが、心は完全に悪魔に支配されていた。自分が死にたいのなら、他人を巻き込んで死刑になることではなく、崖から飛び込むとか、農薬を飲むとか、割腹するとか、自殺の方法は幾つもあるのだが、思いはそこに至らず、他人を殺して自分が死ぬ、この事しか考えが及ばない。社会や元の妻、家族にどのような怨みをもっていたのか分からないが、こうなった原因が自分にあることが全く理解できない。63になって、世をはかなんで一人静かに死んで行く考えは全くない。自分勝手で、独りよがりで、滅茶苦茶な男だ。

可哀そうなのは、1週間後にクリスマスを控え、この事件で犠牲になった生駒市から来院した40代の夫婦で、自宅には小学生の二人の児童が留守番をしていた。楽しみにしていたクリスマス処か、正月も無いし、もう両親と話すこともできず、顔も見ることは出来なくなった。この放火犯、谷本にも二人の子供がいるという。二人とももう既に成人しているが、その子供に対する親の愛情もなかったのか・・。誰かが犠牲になれば、多くの周囲が悲しむことに理解が至らなかったのか・・。彼の精神構造が、いつの時点で何の契機でこのような人の心から悪魔に擦れ変わったのか、死んでしまった今となっては、もう確認のしようもない。

 

今日は又共通試験の会場の東大で、名古屋から上京してきた17歳の高2の男がナイフを振りかざし、受験生3人に切り付ける。この男も谷本同様に、人を殺して死刑になりたかったと。被害者は幸いに人命を失わなかったが、今年の受験は棒になった。他人の不幸を自分の喜びとする。全く人間として真逆の考えに至った経緯。この17歳は逮捕されているので、その精神解剖は、是非精神科医に解明してもらいたい。養老先生、本を出すだけでなく、こうした精神異常者の異常に至った過程を精神学的に解明し、防止し、社会に役立てていくことが、精神科医の大きな仕事である筈だ。兎も角この17歳の家庭環境、学校の情況、交友関係等、全て明らかにすべきだ。個人情報で守られてはならない。又、首切魔、サカキバラセイトのその後については、マスコミは時々は報道すべきだ。国民も注視しなければならない。変な意味で人権が守られてはならない。

 

f:id:commodore:20220115184924j:plain

 

函館の三日間(6)函館駅へ。

空港を出たバスは函館市内の湯の川温泉にやってきた。

f:id:commodore:20220114184923j:plain

 

街の向こうに函館山の端の方が見える。

f:id:commodore:20220114184954j:plain

 

空港からは約20分。函館駅にやってきた。初めて見る駅ビルだ。随分とお洒落な感じだ。

f:id:commodore:20220114185024j:plain

 

駅前も区画整理されて、随分とすっきりしている。高いビルも増えている。・・以前は高層ビルは無かったと記憶しているが・・。

f:id:commodore:20220114185058j:plain

 

今晩のホテル、国際ホテルは函館駅から徒歩4-5分の場所にあるがチェックインが午後3時から。取り敢えずは函館駅に出て、ロッカーに手荷物を置いて、夕方までの時間市内観光をすることにしよう。空港を出たバスは湯の川に出て、市内を縦断するように駅に向かう。湯の川は勿論函館市内にあるのだが、ここ自体が「湯の川温泉」として、一種、独立した形の観光地を作っている。阪急ツアーなどで函館観光を募集する際、宿泊は「函館市内」とするのではなく、「湯の川温泉泊」と案内しているのは、この温泉自体にネームバリューがあるからだろう。

 

函館の市街地は細長い砂州の上に出来上がっていて、街の両側に海が面している。湯の川に入るとバスはその海沿いの道路を走って駅に向かうが、バスの窓からは海辺越しに前方の函館山の端の方が見える。函館山は街のどこからでも見ることのできるこの町のシンボルだ。前回の訪問で一度車で案内してもらったが、それは日中のことで、今度は是非夜来てみよう。日本の三大夜景、函館の夜を是非見てみたい。

 

湯の川を通り抜け、市内を走り抜けてバスは20分程で駅に着く。駅も駅前も全く見違えた新しい街になっている。20年前所用でこの町にやって来た時は、車で駒ケ岳の向こう側の噴火湾に面する森町まで行って、その時鉄道は利用しなかったが、少なくとも45年前来た時は、古い駅舎で街並みだった。この駅前界隈がいつ再開発されたのかは知らないが、全く見違えるような垢抜けた景観に変わっていた。街もお金を掛ければ、これ程近代的な顔立ちになるのだ。

 

取り敢えずは駅ビル内のロッカーにボストンバッグを入れて周辺を歩くことにしよう。駅構内は殆どどこの町にもあるような機能的な感じだった。1階に改札口や観光案内、コンビニ等があって、2階が飲食店街になっている。今年の夏行った高松の駅ビルとそっくりだ。ロッカーは2階にあり、飲食店を通り抜け、ロッカールームに向かう。観光客が多いのか、大小様々沢山のロッカーを備えている。ボストンをロッカーに入れ、さて、お昼をどうするか・・。飲食店街は函館特産の美味しそうな店もあって食欲をそそるが、まだお昼には時間もあり、お腹も空いていない。腹ごなしに少し駅前周辺を歩いて見よう。

 

市長の発案なのか、市民の声を反映したものか、駅前の街並みが様変わりしている。

f:id:commodore:20220114185204j:plain

 

20年前は鉄道を利用しなかったが、どうも以前とは違うようだ。

f:id:commodore:20220114185243j:plain

 

駅ビル2階は飲食街。この奥にロッカーがあった。

f:id:commodore:20220114185319j:plain

 

流石に北海道。生き料理もあるようだ。

f:id:commodore:20220114185352j:plain